総量規制対象外で即日キャッシングしたい

総量規制の対象かどうかは、どこからの融資かということによって違ってきます。総量規制というのは改正貸金業法により導入された仕組みの一つで、貸金業者、つまり消費者金融やクレジットカード会社、信販会社などの貸付けは原則的に総量規制の対象となります。

 

総量規制対象外でお金を借りるには、それ以外からの融資である銀行カードローンから選べばいいのです。銀行カードローンであれば総量規制の対象外になりますから、自身の年収の3分の1を超える場合でも融資が可能です。

 

審査が早いカードローンを選ぶ

銀行カードローンで即日融資を受けるには、即日融資可能としているところを選ぶのはもちろんですが、そのなかでも審査の早いところを選ぶようにしましょう。即日融資可能な銀行カードローンの多くは最短審査時間を「最短即日審査」としています。ただ、口コミなどでみてみますと、実際のところは2〜3営業日内で融資を受けられているケースも多くあるようです。

 

しかしなかには審査時間が最短30分などスピード融資を行っているところもあります。まずは最短審査時間をチェックして、口コミで実際に即日融資を受けられている人がどのくらいいるのか、審査の早さを確認してから申込をするといいでしょう。

 

振込以外の融資方法がある

振込での即日融資の場合、銀行の振込業務の取り扱い時間である平日15時を過ぎてしまいますとそれ以降は翌営業日の振込になってしまいます。また、土日祝日など銀行が休みの時には振込での即日融資が基本的に受けられません。ローンカードが即日で手に入るようなカードローンであれば、そうしたときにもカードですぐにお金を引き出すことができます。

 

ローンカードの即日発行というと消費者金融でも大手のサービスという印象ですが、なかには銀行でもそうしたサービスを行っているところがあります。また、手持ちのキャッシュカードにローン機能を付けることでローンカードとしても使えるようになるというシステムにしているところもあります。

 

このように、振込以外の融資方法のあるカードローンであれば、即日融資の対応時間が他よりも長くなりますのでその日のうちにお金を借りられる可能性が高くなると考えられるのです。

 

また、振込融資でもその銀行の口座を持っている場合には24時間365日即時振込可能という銀行カードローンもあります。ネット銀行系に多いですので、もし口座をすでに持っている銀行があれば、そちらを検討してみるといいかもしれません。